1. ホーム
  2. 結核の基礎知識
  3. 子どもの結核

子どもの結核

結核菌が感染した場合、特に心配なのが免疫力の低い人の場合です。
病気がちで体力のない人やお年寄りなどは、
健全な人よりも発病率が高くなる傾向があります。
ここでは子どもに結核菌が感染した場合について考えてみます。

子どもの結核は早く発病する

子ども結核を発病する場合、
ほとんどが感染してから短期間で発症する一次結核症です。
これはもともと免疫力が低いために、結核菌を封じる力が足りず、
すぐに発症してしまうからです。
これが免疫力の高い大人の場合は、感染した直後は発病せず、
年を取って免疫力が低下してから発病する二次結核症が多くなります。

子どもの結核は発病が早く、感染してから2~3ヶ月という短期間で発病します。
感染して間もない時期に、発熱が一時的に起こる場合もありますが、
その後は病状が進行しない限り、咳や痰、食欲低下などの症状は表れません。

子どもの結核の検診

子どもの結核の多くは家族から感染します。
よって、まず家族に咳や微熱が長引いている人がいないかを調べます。
結核患者と接触した人に対しては接触者検診が行われます。
感染した可能性が高い場合は、発病していないかを判定します。

検診内容は次のようなものです。

  • 感染源の結核患者の状況や接触した程度
  • 過去のBCG接種歴やツベルクリン反応結果
  • 胸部X線やツベルクリン反応などの検査
  • 血液検査

子どもの場合は感染後して早期に発症するため、
検診の実施時期については、感染が疑われたらすぐに1回目を行い、
約2~3ヶ月後に2回目の検診を行います。