1. ホーム
  2. 結核を予防するために
  3. 基本的な予防法

基本的な予防法

繰り返しになりますが、結核を予防するために大切なことは、
規則正しい生活をして、免疫力が低下しないようにすることです。
そのためには、栄養のバランスが取れた食事を摂り、睡眠も十分にとって、
適度な運動を心がけましょう。
以下、日常の生活習慣以外における予防法を紹介します。

医療機関による予防

健康診断
風邪のような症状が長引くなら、結核の可能性もあります。
ただの風邪と判断せずに病院を受診しましょう。
他の人に感染させないように、早期発見・早期治療が重要です。
BGC接種
BCG とは Bacille Calmette Guerin の頭文字をとったもので、
Bacille は細菌の意、Calmette と Guerin はそれぞれ開発者の名前です。
BGC ワクチンは、毒性を薄めた結核菌の仲間を体内に注入し、
免疫を作るための予防接種です。
乳幼児への結核予防には BCG が効果的で、
現在では生後6ヶ月までの乳幼児を対象にBCG接種が行われています。
ただし、BCG は子供の結核予防には効果的ですが、
その効果は長くても十数年であり、
成人の結核予防にはあまり有効ではないとされています。

結核菌が蔓延しやすい場所を避ける

人が多く集まる場所は、それだけ結核菌も飛び交いやすいと言えます。
また、気密性の高い建物や、窓の開かない電車なども要注意です。
このような場所では結核に感染しやすいだけでなく、
発生源を断定することも難しくなります。
さらに連鎖的に感染してしまう恐れもあります。
重要なのは、1人1人が普段から予防の意識を持つことです。