1. ホーム
  2. 結核を予防するために
  3. N95マスクの着用

N95マスクの着用

結核菌に感染しないためには、結核患者との接触をできるだけ避けることです。
ただ、親しい人が結核になったときは、そういうわけにもいきません。
そもそも結核菌は目に見えませんし、感染経路も空気や飛沫による感染のため、
いつ結核菌を吸い込むか分かりません。
そこで、結核菌をシャットアウトできるマスクを紹介したいと思います。

マスク着用は病院を訪れる人の義務

狭いエレベーターなどの換気が十分でない場所で、
結核患者と一緒にいることは、とても危険な状態です。

病院などで結核患者と接する場合は、
N95マスクという気密性の高いマスクを着用しなければなりません。
これは感染症の病原体を含む飛沫核の吸入を防ぐ微粒子用マスクです。
CDC (米疾病対策センター) の結核感染防止ガイドラインでも推奨されています。
ドラッグストアなどで安く購入できる一般的なマスクは目が粗いため、
浮遊している結核菌を防げませんが、N95マスクならば防ぐことができます。
また、結核菌だけでなく、インフルエンザウイルスなどもシャットアウトできます。

このマスクの着用は、訪問者への結核菌感染を防ぐためのものなので、
患者側に着用の義務はありません。

N95 って何?

この 95 は、空気中に存在する 0.3 マイクロメートル以上の微粒子を、
95%以上をシャットアウトできることを意味します。
防水加工も施されているので、
汚染された血液や体液の飛沫から感染を防ぐ効果もあります。
つまり、結核菌を95%防御できる高性能マスクということです。