1. ホーム
  2. 結核の治療
  3. 結核感染の検査

結核感染の検査

結核の初期症状は風邪と似ているため、
多くの人が結核だと気づかずに放置してしまうものです。
微熱やせき、痰が2週間以上続く場合は、必ず病院を受診しましょう。

結核を診断する検査

結核に感染したかどうかは、次のような検査で診断します。

ツベルクリン反応検査
ツベルクリンという薬液を注射して、48時間後に結核菌の感染の有無を判定します。
結核菌に感染した人 (BCG接種を受けた人を含む) は、
皮膚が赤くなったりしこりができたりします。
ただし、ツベルクリン反応だけでは、その反応が結核感染によるものか、
BCG接種のためか判断できません。
QFT検査
血液検査によって調べる方法です。
ツベルクリン反応検査の場合は、皮膚反応に時間を要するため、
医療機関を再度訪れる必要がありますが、
QFT検査は、試験管内で速やかに検査することができます。
しかも、BCG 接種をしていても影響されずに結核感染を判定できるので、
ツベルクリンに代わる検査として期待されています。
X線撮影検査
肺の様子をレントゲンで撮影し、発病したかどうかを調べます。
CT検査では全身の結核も調べられます。
喀痰検査 (かくたんけんさ)
結核菌を排菌しているかを判断します。