1. ホーム
  2. 結核の治療
  3. 入院中の生活

入院中の生活

結核は排菌による感染を防ぐため、多くは入院治療となります。
結核で入院した場合、毎日をどのように過ごすのでしょうか。

結核患者は退屈?

結核だからといって、特別な生活を強いられるわけではありません。
ただ、他の病気での入院生活と比べると、結核患者は退屈かもしれません。

結核は治療をしっかり進めていけば、2~3週間で自覚症状が軽減し、
2ヶ月くらいで80~90%が陰性化します。
治療を始めて1ヶ月もすれば、体調が健常者同然になってしまいます。
そもそも結核の症状は、軽度ならば、風邪とほとんど変わりません。

しかし、結核は排菌が止まるまでは、入院を続けなければなりません。
これは感染の拡大を防ぐために感染症法で決められていることです。

そのため、結核の治療は期間がとても長くなるので、
患者は入院生活に飽きてしまうと思います。
体調が良いのなら、誰でも退院したくなるものです。
退屈かもしれませんが、長期休暇だと思って療養に努めるしかありません。

重症の場合

治りにくい重症結核の場合は、結核菌が肺を冒していくため、
非常に辛い症状と戦うことになります。
肺機能が低下した場合は、正常に呼吸ができなくなってしまします。
そうなると、血液中の酸素と二酸化炭素のバランスが崩れて、体に異常が起こります。
その場合は、人工呼吸器を使用しなければなりません。
さらに重症の場合は、ICU (集中治療室) で治療を進めることになります。