1. ホーム
  2. 結核の種類
  3. 骨の結核 (脊椎カリエス)

骨の結核 (脊椎カリエス)

肺の結核菌が血流に乗って結核菌が骨に達したり、
骨に隣接している臓器から結核菌が移ったりすると、
骨にも結核が起こる場合があります。
骨の結核は、骨をゆっくりと浸食して変形させたり、膿瘍を作ったりします。
代表的なものとして、脊椎カリエスや肋骨カリエスなどがあります。

脊椎カリエスの症状

歯科検診などで耳にする「カリエス」とは、骨の炎症を意味します。
脊椎カリエスは結核性脊椎炎とも呼ばれ、
結核菌によって、脊椎や椎間板に炎症ができる病気です。

脊椎カリエスの症状は、背中に重苦しくどんよりとした痛みが起こります。
その痛みは、特に疲れた時にひどくなり、休んでいると軽くなります。
脊椎を叩くと局所的に痛い場所があり、そこがカリエスの起こっている患部です。
痛みのために背中を屈伸させるのが困難になります。

命にかかわる危険な病気

病気が進行すると、脊椎が破壊されていくので、
脊椎の一部が後方へ突き出した状態になります。
子供の場合は、成長とともに前かがみの姿勢になっていきます。
すると、体内の炎症に留まらず、変形した骨によって皮膚が破れ、
溜まった膿が体外に排出されて止まらなくなります。
その破れたところから化膿菌が侵入し、混合感染をすると、
高い熱が出て体が衰弱し、生命に関わる危険な状態になります。

また、脊髄神経まで侵されると、下半身に麻痺が起こり、
大便や小便が流れ出てしまうようになります。

脊椎カリエスと診断された場合は、排菌しているかなどを検査して、
周囲への感染を防ぐ必要があります。

治療できる病気

脊椎カリエスは、以前は治療困難な病気でしたが、
現在では抗結核薬や手術によって治療が可能になっています。
病気を悪化させないためには、定期的に診察を受けて、
医師の指示にしたがって安静にすることです。
無理に起き上がったり、治療用のコルセットを勝手に外したりしてはいけません。