1. ホーム
  2. 結核の種類
  3. 皮膚の結核

皮膚の結核

皮膚の結核の発症経路は、次の3つに分類されます。

  • 結核菌が外部から皮膚に侵入して、病気を生じる
  • 結核菌が肺などの病巣から皮膚に達して、病気を生じる
  • 皮膚や他の部位の結核がアレルギー変化し、病変が皮膚に生じる

上の2パターンを真性皮膚結核、下の1パターンを結核疹と言います。

皮膚結核の種類

皮膚結核はまれな病気ですが、比較的多く発生するものを紹介します。

真性皮膚結核

尋常性狼瘡 (じんじょうせいろうそう)
顔面 (特に鼻) にコブを生じ、次いで潰瘍になります。
若い女性に比較的多く発症する皮膚結核ですが、
日本では近年著しく減少しています。
皮膚腺病 (ひふせんびょう)
リンパ節とその上部に腫瘍を生じます。
頚部に多発し、ひじやひざ、肋骨、腰部にも生じますが、
頸部リンパ節結核から始まって、皮膚にその病変が達する場合がほとんどです。
進行すると腫瘍に穴が開いて、薄い血液が混じった膿が滲出します。
さらに進行すると潰瘍になりますが、周囲は柔らかくて無痛性です。

結核疹

皮膚疣状結核 (ひふゆうじょうけっかく)
境界がはっきりとした、盛り上がった病変をつくります。
ひざに多発し、ほとんど自覚症状はありません。
 

皮膚結核の治療

皮膚結核の治療は、肺結核の治療に従って行います。
患部には、抗結核剤を粉末の状態で塗布するか、
軟膏と混ぜ合わせて塗布します。
家庭と同居の場合、周りの人に潰瘍面に触れさせてはいけません。